グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



Home >  社員インタビュー >  郷戸祐里(2020年入社)

郷戸祐里(2020年入社)


所属店舗・役職(職種)など

所属店舗/静岡見瀬店 
職種/営業
好きなこと/豚汁、音楽、星野源

インタビュー

不安な私に、オートベルだけが答えてくれたこと。

就活中は住宅の仕事に興味があって、1社は内定もいただいたんです。でも、そこで働く人のイメージがどうしてもつかめず躊躇していました。そんな時オートベルの総務の方から「営業は売るモノが何かではなくて、それを通じてお客様に何をしたいのかが重要だよ」と教わりました。また、どこの会社でも面接では「当社でなければいけない理由」を聞かれましたが、唯一オートベルだけが「今はわからなくても一緒に探していけばいい」と言ってくれました。今、将来とか夢とか言われても、どうしていいかわからない学生さんには「私も不安でいっぱいだったけれど、今ここで働けているよ!」と言いたい。ここには、誰かのために行動するあたたかい人たちがいてくれます。

全力でやっていたら、見ていてくれる人がいました。

車の査定には正直特に興味がありませんでしたが、研修を受け始めると、納得いくまで突き詰めることに夢中になりました。一見きれいな車のどこを見れば事故部位が特定できるのかなど、あらゆる角度から査定業務を理解して自分に落とし込むため、研修担当の上司にずっと相談に乗ってもらっていました。厳しいと有名な上司でしたが、私のいいところを認めてくれたり、一緒に考えてくれたりとありがたかったです。おかげで今では先輩が気づかない異常を見つけられるほど力が付いてきました。

当社がいい雰囲気なのは、仕事に嘘がないからだと気づきました。

他社に入った友人が「うちの会社は利益優先で損になることはしない」とモヤモヤしていると聞いた時、改めて当社の良さを感じました。当社はお客様のためを第一に考え、たとえ成約にならなくてもお客様のお手伝いができたことをやりがいと思う人ばかりです。会社の方針も社員の姿勢もそこに嘘がなく一貫しているから、違和感を感じることなく働ける。当社のいい意味で「営業っぽくない」雰囲気はそこから来ているんだと気づきました。

マニュアル通りじゃない仕事。だから面白いんだと思います。

当社の接客には決まったマニュアルがなく、上司も常にどうすればファンになっていただけるか、感動していただけるかと、日々考えて試行錯誤しています。決まった仕事をコツコツこなすタイプの私は最初は不安だったけれど、決まっていないからこそ面白いんだと今は思っています。誰もが自分で考えながら仕事をしていることも、当社の良さだと思います。

私のある一日

7:00 起床・朝食
9:30 出社
10:00 店舗オープン作業
11:00 商談・査定
12:00 昼食
13:00 お客様への案内電話・販売商談・入庫対応・情報入力作業など
17:00 買取商談のロールプレイング
18:00 オークション車両のリスト記入
19:00 店舗クローズ作業・事務作業
19:30 退勤
19:40 帰宅・夕食
21:00 趣味のギターやピアノ演奏
23:00 就寝

私のオフタイム

同期とごはんに行ったり、ドライブしながらおしゃべりしています。今は同期全員では集まれないけれど、リモートでゲームをしたことも。学生の頃は吹奏楽部にいたので、今でもギターやピアノを弾いてストレス解消しています。今ハマっているのは「良いものを長く使う」ためのお買い物。