グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



Home >  社員インタビュー >  榊原大介(2017年入社)

榊原大介(2017年入社)


所属店舗・役職(職種)など

所属店舗/静岡見瀬店 
役職/店長
こだわり/服装と洗濯

インタビュー

軽い気持ちで言ったことばが自分を押し上げてくれました。

アパレル業界志望だった自分があえて当社を選んだのは、若くてもチャンスがあり、長く働き続けられる環境だと思ったから。入ってみて、頑張りをきちんと評価してくれる会社だと感じています。入社当時、当社の社長が「夢は口に出して言った方が実現する」と言っていたのを聞いて、内心「そんなわけないだろ」と思いながら、軽い気持ちで「一番になってやる」と親や同期に公言したんです。そうしたら、自分のことばに責任を取るため必死になって、誰よりもたくさん車を見て査定テストをパスできたし、副店長に昇格したのも、店長に昇格したのも同期で一番になりました。入社する前はこんなに積極的な自分ではなかったんですが。

いい同期がいなかったら、店長にはなれなかった気がします。

「一番になる」と同期に宣言した時、仲のいい同期は「俺も負けないよ」と言ってくれました。そうやって刺激し合える仲間がいてくれなかったら、まだまだ店長にはなれなかったと思います。実は私が勤務する静岡見瀬店は以前から店長が不在になっていて、私は副店長ながら自分のお客様を担当しながら実質的リーダーとして店全体のマネジメントも行うという難しさも経験しました。お客様への査定商談から部下の指導まで忙しい毎日ですが、困難なことにも弱音を吐かずに前を向ける自分を発見しています。

部下がお客様に認められるのが、自分のことのように嬉しい。

私自身は「一番になりたい」というモチベーションで仕事をしてきましたが、今の部下に自分の経験や価値観をそのまま押し付けるわけにはいきません。思うように成果が上がらない時もあるけれど、楽しく働いてもらうことが第一と考え、何でも話せる風通しの良い雰囲気を大切にしています。部下が目標を達成したり、お客様に「ありがとう」と言われていたりすると、自分のことのようにうれしい。次第に部下のやる気を高めるマネジメントの仕事も好きだと思うようになってきました。先頭に立ってぐいぐい引っ張る上司ではないけれど、「あいつはやっぱり違うな」といわれるリーダー像を開拓したいですね。

買取以外のサービスが増えて、やりがいも増えました。

当社は最近、買取だけでなく車の販売や自動車保険、車検点検など、新しいサービスを増やして、車に関する業務全般を取り扱える会社に進化しています。例えば、乗り慣れた愛車を泣く泣く手放すために来店されたお客様に、より低価格で買える同種の車を自主的に提案して喜んでいただけたことも。お客様のニーズを汲んで幅広い提案ができるようになりました。この仕事はやっぱり、お客様の「ありがとう」が一番のやりがいです。

私のキャリアステップ

2017年 入社 静岡流通通り店で新人修業。
2017年12月 静岡見瀬店へ異動。
2019年 念願の副店長に昇格!
2020年8月 店長が異動で不在に。実質的なリーダーとして、お客様対応、店舗マネジメント、部下の指導教育まで大活躍中。
2021年5月 念願叶い、店長に昇格!

私のオフタイム

学生時代はアパレルのバイトをしていたほど洋服(特にストリート系)が好きで、以前は洋服を買いによく東京に行っていた。ネットショッピングも大好きで、着きれないほど買ってしまうことも。また、仲良しの同期と一緒に焼肉店や温泉に行くのも楽しみの一つ。